ぼっちから脱却するための自然な印象チェンジ

ダウンタイムを知ろう

手術道具

ダウンタイムの期間や施術法の選び方

目元の美容整形は見た目の印象がガラリと変わることから、銀座の美容外科クリニックでも希望する患者さんが多いと言われています。いくつか施術法はありますが、より目を大きくしたいと考えている人に選ばれているのが、「目頭切開」という美容整形です。目頭切開を受けることで蒙古ひだが無くなり、白目部分が大きくなるので結果、目自体がパッチリと大きく見えると言われています。ただし、目頭切開はメスを使う美容整形ですので術後のダウンタイム期間については、前もって十分確認しておくことが大切です。ダウンタイム期間とは美容整形を受けてから、腫れや痛み、内出血などの症状が無くなるまでにかかる期間のことを言います。目頭切開の場合、個人差はありますが腫れが引くまでには約2週間、傷跡が目立たなくなるまでには約1ヶ月ほどかかるようです。銀座の美容外科クリニックで目頭切開と同時に、二重形成術を受ける患者さんも多いですが、両方施術を受けた場合はよりダウンタイム期間は長くなります。大きな腫れは術後、約4日ほどで収まるケースが一般的ですので、この期間は仕事を休めるよう調整すると良いでしょう。

メスを使う美容整形ということもあり、ダウンタイム期間を考慮しなければいけない目頭切開ですが、施術法によってはダウンタイム期間を短くすることも可能です。銀座の多くの美容整形外科クリニックで採用されている、Z法とW法は他の施術法と比べると比較的、ダウンタイム期間が短いと言われています。特にZ法は他の切開法よりも傷口の引きつれが起きにくいということもあり、ダウンタイム期間や術後の傷跡が残り難いというメリットがあります。W法の場合は個人差はありますが強い腫れが3日から5日ほど続き、その後は1週間から2週間かけて少しずつ引いていくのが一般的です。目頭切開を受けた後、あまり休みが取れないという人はダウンタイム期間が短い、Z法やW法を選択するのも良いかもしれません。ただし、Z法は技術力や経験が乏しい医師の場合、難しい施術法と言われているため、信頼できるクリニック選びをすることが重要です。美容整形外科クリニック激戦区として知られている銀座エリアは、腕の良い医師が多く集まっているので、安心してクリニック選びが行えます。